ジャージーのつぶやき

auの「povo」って何がおすすめなの?契約を考えている人向けに解説!

ジャージー牛乳
ジャージー牛乳
auの「povo」は2021年3月23日からサービス開始です!!

今日はauの話をします。
今話題となっている、「povo」についてです。

2021年3月23日からサービス開始する「povo」は月額2,480円で使えるため、ネットやニュースでは安い安いと騒がれていますが、じゃぁ具体的に何がどう安いのか?そして、本当におすすめなのか?
よく分からないですよね。そんなみなさんが疑問を感じている点について今日は解説をしていきましょう。

auの「povo」っておすすめなの?

povoはおすすめ?
auの「povo」がおすすめなのか?あるいはそうじゃないのか? まず、料金面だけで判断するのであれば間違いなくおすすめですよ。
だって、月額2,480円で20GBも使えるんですから、これをおすすめと言わずして何という。っといった感じです。

ざっと料金体系表をまとめると下図のようになります。
注目すべきは、この「トッピング」というのものです。

povoの料金

このトッピングは任意ですので不要なら申込みはする必要ないですが、利用状況に応じてつかってみてください。

povoのトッピング
  • 5分以内通話かけ放題/月額500円
  • 通話かけ放題/月額1,500円
  • データ使い放題24時間/24時間に1回200円
  • データ追加1GB/1GBごとに500円

敢えて上記4つの色を分けてますが、理由分かります?
赤色は通話に関するトッピングですが、2つとも月額サービスです。
しかし、青色の通信に関するトッピングは、2つとも利用ごとに発生するサービスです。

ジャージー牛乳
ジャージー牛乳
『おぉー通信サービスめっちゃ安いじゃん!』って勘違いしないようにしましょうね。

まぁ通信のトッピングは、20GBを超過してしまった場合に今月だけ追加したいなっていう利用方法が取れる点はいいですね。

ここまで見た感じ、格安SIMとあまり変わりないですね。ここでいう格安SIMというのは、もちろんUQ mobileです。UQ mobileのくりこしプランは月額1,480円から利用が可能でしたね。

もも
もも
そういえば、povoで契約するのに手数料ってかかるんですか?

今って、「au⇆UQ mobile」間は手数料が一切かかりません。しかし、povoの場合はどうなんでしょうかね?
それではみてみましょう。

「povo」って契約するのに手数料かかるの?

povoって手数料かかるの?
本来、auで新規やMNP新規契約をする際って事務手数料3,000円がかかります。
しかし、「povo」は手数料がかかりません。1円もかかりません。これは嬉しいですね。

さらに嬉しい事としては、「au、UQ mobile、povo」の3サービス間を行き来する際も手数料がかからないのです。
『よっしゃ、じゃぁこの3つの通信サービス行き来しまくることできるじゃん!』なんて思う人もいるかもしれませんが、それは流石に無理ですよ。
何故無理なのかっていと、契約するのには審査がありまして、何度か行き来しようとしても審査で落とされますからね。お忘れなく。

さて、話は手数料に戻しまして、まとめるとこんな感じになります。

povoの手数料

契約時の手数料だけじゃなく、解約するときの解除料もかからないなんて、なんか格安SIMとそっくりですね。
なんかここまで見てきた感じだと、めちゃくちゃ良いサービス内容ですよね。

ここまで読んでくれた人の中には、『なんかpovoって怪しいんじゃない?』って思う人もいるかもしれません。
っということで、少し「povo」の仕組みに触れていきましょ。

「povo」ってどんなサービスなの?

povoってどんなサービス
「povo」って一体どんなサービスなのか?ここまでで料金が格安SIMのように安いものっていうことはわかりました。
しかし、それだけじゃ具体的な部分が全くみえてきません。本当に契約しても良いものかイマイチ分からないですよね。

割引サービスがないからシンプル

この「povo」っていうのは、「au」と違ってもの凄いシンプルな通信サービスとなっています。
シンプルっていうのは具体的にどういうことなのかというと、auにある割引サービス(12ヶ月1,000円割引されるようなサービス)が一切ないため利用ユーザーが混乱することがないんです。

※その他の割引サービス対応状況は下図の通り
割引サービス対象可否

正直、僕でさえauの料金プランや割引サービスは把握できてないですし、次々に新しいプランやサービスが始まるから、もう頭混乱してきますもん。
しかし、「povo」は料金プランは1つのみ、割引サービスも基本なし。非常にシンプルだから誰も迷うこともないんです。

これはユーザーにはめちゃくちゃ優しいですね。

店頭来店での受付が不可

「povo」は、auショップやヤマダ電機など、au取扱店での契約手続きはもちろんのこと、サービス説明でさえも一切不可です。
店頭に来店して、スタッフが説明してくれないからといって、カチンとこないようにしましょう。スタッフは何も悪くありませんから。

実は、「povo」って受付窓口が店頭じゃないんですよ。オンライン限定になっています。だから、お店に来店したところで、受付もサービス案内さえも一切不可なので注意しましょう。

「povo」は、オンライン契約限定のサービスである!
※店頭では契約だけじゃなく、サービス説明を受けることも不可。

auの「契約年数」は引継ぎされない

また、auから「povo」に移行した場合、auの契約年数を引き継ぐこともできません。
『契約年数なんて引き継いだところで一体なんのな意味があるんだよ!』って思うかもしれませんが、長期契約していると貰えるポイントが多くなったりとメリットがあるんです。
でも、povoにはそれが通用しません。

まぁ、そんなことせずともpovoは安いですからね。必要ないでしょ。

auの契約年数は引継ぎされずに初期化される!

その他、利用可否一覧

上記に述べてきたこと以外にも、諸々利用できること・できないことがあるので、ここで一覧表に乗せておきます。

povoその他一覧表

上図の通りです。
僕がこの表について言いたいことは1つだけ。それは、「auかんたん決済」です。「au・UQ mobile」から「povo」へ移行手続きをおこなった場合、かんたん決済上限額は引継ぎされるのか?また、「povo」のかんたん決済上限額はMAXいくらに設定されているのか?です。現在時点ではまだ不明です。

この「かんたん決済上限額」については、前回の記事でも書いているのですが、「au⇆UQ mobile」の乗り換え(番号移行)をおこなった際、かんたん決済上限額は引継ぎされないのです。

じゃぁ、「povo」の場合はどうなるのか?また、au IDに関する情報はあんまり開示されていないんですよ。なので、僕としてはこの辺をしっかりと調査して、みなさんに展開をしていきたいかと思いますので、よろしくお願いします。

auの「povo」-まとめ-

povoまとめ
「povo」は現在、公式ホームページで先行エントリーをおこなっています。
先行エントリーすることで何かメリットあるのか?あるといえばありますよ。
2021年3月22日までに先行エントリーして、本契約をすると「au PAY残高3,000円分プレゼント」貰えるらしいですよ。

povoキャンペーン

もし、au PAY残高3,000円分欲しいって人はすぐにでもエントリーが必要ですよ。だって、3月22日が締め切りですからね。
エントリ―は公式ホームページにて承っているので興味ある人はどうぞ。

「povo」は今年の夏以降に5Gサービスにも対応するみたいなので、今後どうなるか楽しみですね。
僕? 僕はまだ様子見ですね。「au ID」に関する情報がまだ公式展開されていないので、その辺の情報をまってみたいと思います。
ギリギリまで開示されなさそうな予感ですけどね。
それでは、今日はこの辺で~。

ABOUT ME
ジャージー牛乳
役者を10年以上続けていましたが、 今は辞めて某通信会社で働いています。 ブログでは、UQ mobileに関するお得な情報を配信していきます。 みなさんがご契約する上で少しでもお得な情報を お届けできればと思っています。 何かご不明点があれば、いつでもお問い合わせください。
UQ mobileのキャンペーン情報!